「かたづける」って難しい。。

営業サポートの坂本です。
先日は、Y様邸のお引渡しでした。

Y様、おめでとうございます。

おめでたいことがもう一つ!
生まれたばかりのHちゃん^^

畳に寝かせてみると、スヤスヤと眠ってくれましたよ^^
この畳は、お施主様のお母様こだわりの市松模様。
角度によって、畳の表情が違って見えるのが素敵です。
初めて住むお家が新築だなんて、Hちゃんがうらやましくなりました^^
Y様、本当におめでとうございます!!
こちらのY様邸には、リビングダイニングに広々とした階段下収納が2つもあります。
片付けるのが超苦手な私、
「急な来客のときでも、おもちゃなどをササッと隠すことができていいなぁ」と思いました^^;
そんなことを思った翌日、朝の情報番組を見ていたら、
その日のテーマが
「かたづけ術」
なんとタイムリーな!!笑
そのかたづけ術とは、
①物を出してみて
②よく使うもの、時々使うもの、使ってないものに分けて
③処分するなどして減らし
④ものの場所を決めて、しまう
なるほど!!
来客のときに慌てて「隠す」しまい方ではいけない!笑
と思ったものの、やるとなると結構大変ですよね^^;
でも、これをやって、物の場所を決めてあげると、
「かたづけて」ではなく「もどして」って言っただけで、
子どもがおもちゃをきちんとしまえるようになるそうです^^
確かに、「かたづける」って、「しまう」とか「整える」とか「まとめる」とか
いろんな意味があって、子どもには少し難しいのかもしれませんね。
将来、子どもに「かたづけなさい!」と言っても上手にできなかったら
試そうと思います^^

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP